精神科医・和田秀樹氏が眞子さまは単なる適応障害と複雑性PTSDを否定!!

宮内庁が発表した、結婚と同時に眞子さまの複雑性PTSD。
これを精神科医・和田秀樹氏が否定!!
PTSDのレベルではなく、適応障害だというのだ。
この適応障害、最近は深田恭子が患って短期間で復帰している。
適応障害というのはその程度のもので、少し仕事を休んで、ゆっくり休養を取れば回復する程度のもの。
わざわざ複雑性PTSDを持ち出し、国民からのバッシングがPTSDの原因で、それを取り除くのが治療と、つまり、バッシングするなというメッセージ。
精神科医である和田氏の発言からは、複雑性PTSDはPTSDよりもひどい症状が出るというもの。
果たして、眞子さまが会見をまともにできるのか?に注目だ。
普通にやりとりができたら、PTSDでもないということになる。
嘘までついて結婚を国民に認めさせようというなら、決して許されない行為だ。
適応障害.jpg
Yahoo!より、
眞子さまへの複雑性PTSD診断は“勇み足“? 精神科医・和田秀樹氏が語るこれだけの疑問〈dot.〉
10/1(金) 22:00配信
AERA dot.
https://news.yahoo.co.jp/articles/244bb3c38050b0d0ba0d3bbc51dea721b3863506
記事より、
 眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚を宮内庁が発表した。それと同時に公表されたのが、眞子さまが「複雑性PTSD」と診断されていたということだ。しかし、この診断に対して、複雑性PTSDに詳しい精神科医の和田秀樹氏が「診断は“勇み足”ではないか」と疑問を投げかけた。
 PTSD(心的外傷後ストレス障害)というのは、単発的な出来事によって、発症するものです。例えば、レイプなどの暴行を受けた、目の前で人が死ぬのを見たなど、いわゆるトラウマになるような出来事があって、発症します。
 それに対して複雑性PTSDは反復的、長期的なトラウマによって引き起こされるものです。例えば、長期間苛烈ないじめや虐待を受けていたり、民族対立の中、常に怖い思いをしていたとかです。
 PTSDより複雑性PTSDのほうがより深刻な症状が出ます。
 人とうまく付き合えなくなったり、感情が不安定になったりします。また、「解離症状」というのが出て、記憶が飛んで、おかしな行動が出るなどの症状があったりします。
 人格が変わってしまったり、意識レベルにもかかわるもので、「パーソナリティ障害」や「多重人格」(解離性同一性障害)といったものです。
 私も複雑性PTSDの患者を診ていますが、仕事に就けない人も多いです。
 実際に診ていないのでわからないですが、直前まで公務をされていたことを踏まえると、「適応障害」のほうが近いと思います。

したがって、
「精神科医・和田秀樹氏が眞子さまは単なる適応障害と複雑性PTSDを否定!!」とリライトするのが適切だろう。
そして、これは宮内庁が国民を欺いているということにもなる。
税金の無駄遣いだ。
皇室、宮内庁も要らないといことが結論だ。

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク