ヨシ、ガースー菅義偉というバカが専門家の提言押し切り、緩和と同時に緊急事態宣言延長!!

独裁者ヨシ、ガースー菅義偉というマリオネット総理が大暴走!
そもそも人流が減ったからといって新型コロナウイルスの新規感染者が減っていないのが問題。
酒の禁止や休業要請などをしたが、これらは全く意味のないものであることは明白。
要するに唾を飛ばしあい、お互いに唾を顔に掛け合うことが禁止すべきことであり、外出や会食の禁止ではない。
唾を顔にかからないように食べたりするには、アクリル板で正面をカバーするといった工夫は必要だが、それがあれば感染者のツバを目や口でキャッチすることはなく、感染しない。
こんな簡単なことも国民に理解させることができないのが、独裁者でバカで有名な菅義偉、ガースー、ヨシと言われる自民党総裁なのだ。
これでは、自民党はダメだ、となるのは必死!
Play-Saya.jpg
Yahoo!より、
政府またも専門家の提言押し切る「短期集中」も緊急事態宣言延長
5/7(金) 20:50配信
日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a6ad566913a8bdfa37f1ee6dd14bf3b333404d09
記事より、
政府は7日、3度目の緊急事態宣言を今月31日まで延長することを決定した。11日に期限となる東京、京都、大阪、兵庫と、新たに愛知、福岡(12日から適用)を追加した6都府県が対象。酒類を提供する飲食店などの休業要請は継続するが、デパートなどの大型商業施設やイベントは一部を緩和する。一方で専門家からの提言を却下、またも押し切るなど、延期と緩和策の実効性が問われる。

菅義偉首相は7日夜の会見冒頭で17日間という短期集中の緊急事態宣言について「東京や大阪の人流は4月初めと比較し、夜間は6、7割、昼間は4、5割程度減少した」と成果を強調した。一方で「新規感染者数は東京、大阪ともにステージ4を大きく超える水準」と不発の事実を認めた。

午前に招集し、諮問した専門家らで構成される基本的対処方針分科会では、またも専門家の提言を却下し、押し切った。4都府県に福岡、愛知の2県を加える政府案に対し、多数の専門家は別の1県も追加することを提言した。座長で新型コロナ対策分科会の尾身茂会長は分科会後、衆院厚労委員会で「ある県については今回、政府の緊急事態宣言の追加県には入ってなかったけれども、メンバーの多くの人が、この県も加えるべきだと申しました」。

だが、提言は受理されなかった。尾身会長は「政府は政府なりに、その県を入れない理由というのを説明した」と経緯を振り返り、「私が座長として提案したのは無条件で合意したんじゃなくて、多くのメンバーが追加した方がいい、ということは議事録に残した」などと舞台裏を明かした。

3度目の緊急事態宣言を決定した4月23日の諮問会議も同じ決着だった。「短期集中」を大前提とする政府に対し、専門家からは慎重論が相次いだが、政府の強い意向に押し切られた。

緩和策も導入する。飲食店の酒類やカラオケ店への休業要請は継続し、お客による酒類の持ち込みを規制する。デパートなどの大型商業施設(床面積1000平方メートル以上)の休業要請は緩和され、午後8時までの時短に見直される。スポーツや音楽イベントは5000人か、収容率50%のいずれか少ない方の入場を認め、午後9時までの時短開催を認める。短期決戦は結局、約1カ月(37日間)に延長されたが、同時に緩和策を打ち出すなど、実効性にはまたも懸念が残った。

したがって、
「独裁者ガースーこと菅義偉総理が専門家の提言押し切り、緩和と同時に緊急事態宣言延長!!」
とリライトするのが適切だろう。
このことによる感染者の増、すなわち、死者の増についての責任は全て自分で決めた菅義偉個人の責任であることは明白だ。
とてもまともな神経であれば総理を続ける、そもそも人を続けることさえできないだろう。

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク