菅官房長官の総理への裏口入学、談合当選は許されない!

菅官房長官はあくまで黒子。
総理の下には代行できる副総理である麻生太郎がいる。
これをすっ飛ばして、政治家としての実績ではなく官房長官としての実績しかないに等しい菅官房長官を総理に持ち上げるのはおかしい。
まさに談合、そして、実績からすれば裏口入学だ。
これではお友達内閣の安倍政権という悪いイメージを脱却することができない。
1年だから、短期だから?
そんなことでお友達に、ご褒美に総理ってそれは違うだろう。
こんなひどい裏口入学はない!
すぐに菅官房長官は談合、裏口入学を辞退する必要がある。令和おじさんがダーティーであっては令和の年号に傷がつく。
1年だからこそ、ここは変革で石破総理を立てて、心配なら様子を見ればいい。
ちょうどお試しには良いタイミングだ。
1年しかもたないようなできそこない、マリオネットを総理に据えるような自民党では選挙に勝てない。
booing.jpg
Yahoo!より、
党内7派閥のうち5派閥が菅氏支持へ…2日夕に出馬表明
9/1(火) 21:52配信
読売新聞オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/79e7c28538a568e0f8fe64ac2056688dae9b9ccb
記事より、
 安倍首相の後継を決める自民党総裁選で、党内7派閥のうち5派閥が菅官房長官を支持する方向となった。態度検討中だった竹下派が菅氏支持を固めた。1日は岸田政調会長、石破茂・元幹事長が出馬表明し、河野防衛相は出馬見送りを明らかにした。これにより、総裁選は3氏が争う構図となった。

 菅氏は1日、都内のホテルで麻生副総理兼財務相と会談し、総裁選での協力を求めた。これに続き、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長の森喜朗・元首相の元を訪れた。東京大会の実現に向けて、協議したとみられる。菅氏はまた、自身を支持する参院議員11人から出馬を要請され、「様々な人から『あなたしかいない』と要請を受ける中で決断した」と意欲を語った。菅氏は2日夕に記者会見し、立候補を正式に表明する。

 竹下派は1日、会長の竹下亘・元総務会長と、会長代行の茂木外相が都内で会談し、菅氏を支持する方向で派内の調整を進めることを確認した。2日の会合で最終的に決定する。これで細田、麻生、竹下、二階、石原の5派が菅氏支持で足並みをそろえる。総裁選に出馬する岸田、石破両氏の派閥以外は全て菅氏の支援に回る。二階派幹部は2日、菅氏に対し、派閥の総意として、出馬を要請する予定だ。

 これに対し、岸田氏は都内で出馬の記者会見を開き、「国民のため、国家のため、私のすべてをかけてこの戦いに臨んでいきたい。国民の協力を引き出すことができるリーダーを目指していきたい」と強調した。

 石破氏も国会内で記者会見し、「国民の納得と共感の下に、政策を実行することが課せられた責任だ。総力を挙げて積極果敢に取り組みたい」と述べ、立候補を正式に表明した。

 麻生派の河野防衛相は1日、今回の総裁選には出馬しないことを明らかにした。

 党総裁選挙管理委員会は2日、「8日告示―14日投開票」の日程を正式に決定する。

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク