新型コロナウイルス対策は、気温23度以上、湿度50%で活動をおさえることが可能!

アメリカの研究によれば、新型コロナウイルスは気温23度以上、湿度50%で防ぐことが可能ということだ。
これは朗報。
やっと合理的な対策が見えてきた。
さすがアメリカ。
新型コロナウイルスの発生元のである中国はとっくに分かっていた話だろう。
だが、中国は情報を出すはずもなく、ヨーロッパなどの対応が杜撰だと非難し、また、感染源は中国以外にあると言い出し始めているという状態。
これはある種の戦争だ。
オフィスの環境は、今後気温23度以上、湿度50%を基準とすることが必要。今すぐ!
重婚してもいいですか?.jpg
Yahoo!より、
新型コロナウイルスは3日間滞留し空気中で3時間生存…弱点は湿度=米で報告書
3/14(土) 15:00配信 日刊ゲンダイDIGITAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000024-nkgendai-life
記事より、
 アメリカの「アレルギー感染症研究所」「国立衛生研究所」「国防総省先端技術開発庁」「全米科学財団」などの委託を受けて行われた「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)媒介物報告書」
 今後、プリンストン大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、国立衛生研究所の専門家による内容精査が行われる。その概要が11日に公表
 報告によると、今回のCOVID-19の感染力のしぶとさが想像以上に大きいことが明らかに
 要約すると、以下の通りである。「COVID-19のウイルスは空気中であれば3時間、プラスチックなどの表面の場合には3日間ほど滞留する」。そのため、「ヒトは空気感染や媒介物による感染リスクにさらされることになる」。
 この発見は重大だ。なぜなら、感染者と接触しなくとも、空気感染でウイルスが拡散する可能性がある。今後、専門家がチームを組み、空気感染するのかを確認することになっている。
 従来は「感染者との濃厚接触がなければ感染はない」と思われていたが、そうした楽観論が打ち砕かれることになった。
 更にこの報告書によれば「ウイルスは空気中であれば3時間は生存するが、銅製品の表面であれば4時間、厚紙の表面では24時間、プラスチックやステンレスの表面の場合には2~3日にわたって生存すること」が確認された。
 その一方、弱点があることも明らかになった。それは湿度に弱いということだ。加湿器を使い、湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まることが判明したという

したがって、
「新型コロナウイルス対策は、気温23度以上、湿度50%で活動をおさえることが可能!」
とリライトするのが適切だろう。
これをやらない役所や企業は殺人未遂だ!

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク