そろそろ国会議員の新型コロナウイウルス感染が明らかになるだろう

厚生労働省のミスで日本国中に新型コロナウイルスが蔓延。
専門家会議は、日本国内で不要不急の会議を開くことさえ適切でないと説明。
つまり、国会は休会でいいということだ。

専門家会議によると、感染を拡大させるリスクが高いのは

▽対面で人と人との距離が近い接触が、
▽会話などで一定時間以上続き、
▽多くの人々との間で交わされる環境

だとして、症状のない人もこうした環境をできるだけ避けるようということのだ。
これは仕事はするなということに等しい。
また、会議よりも、名古屋市のスポーツジムで感染が広がっているように、スポーツジム通いには注意を促すことも必要だが、一切、政府からの注意喚起はない。皆無だ。

さらに、未だに中国人観光客の受け入れは継続したまま。
加藤厚労相は辞任が当然だが、それだけで済む話では決してないだろう。
新型コロナウイルス.jpg
NHKNEWSWEBより、
「今後1~2週間が瀬戸際」国の専門家会議が見解示す
2020年2月24日 19時43分新型コロナウイルス
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200224/k10012299291000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
記事より、
新型コロナウイルスへの感染の報告が相次ぐ中、国の専門家会議は、今後1~2週間が感染拡大のスピードを抑えられるかどうかの瀬戸際だという見解を示しました。一般の人ができることとして、▽多くの人と近い距離で対面する場所を可能なかぎり避けることや、▽かぜなどの軽い症状の人は自宅で療養することなど、対策への協力を求めています。

現在の国内での感染状況について、複数の地域でいつどこで誰から感染したか分からないケースが出てきており、感染が急速に拡大しかねない状況だという認識

さらに、集団感染が起きたクルーズ船からの患者の治療のため首都圏では対応できる医療機関の病床の多くが利用されている状況にあり、今後、感染を心配した多くの人が殺到すると、医療提供体制が混乱するおそれがある

こうした状況を踏まえ専門家会議は「この1~2週間の動向が国内で急速に感染が拡大するかどうかの瀬戸際」だという認識を示したうえで、感染を広げないために一般の人ができる対応を示しました。

具体的には、
▽医療機関で感染を広げるリスクを減らすために、かぜや発熱などの軽い症状の場合は外出せず自宅で療養すること、
▽かぜの症状や37度5分以上の発熱が4日以上続く場合、強いだるさや息苦しさがある場合は、都道府県に設置されている「帰国者・接触者相談センター」に相談するよう呼びかけています。

ただし、高齢者や持病のある人は2日程度症状が続く場合には相談するよう呼びかけています。

さらに、感染を拡大させるリスクが高いのは
▽対面で人と人との距離が近い接触が、
▽会話などで一定時間以上続き、
▽多くの人々との間で交わされる環境だとして、症状のない人もこうした環境をできるだけ避けるよう呼びかけています。

教育機関や企業でも行事の開催方法の変更やリモートワークなどできるかぎり工夫することへの協力を求めました。

したがって、
「国の専門家会議が、無駄な議論しかない国会は休会するよう呼びかけた!」
とリライトするのが適切だろう。
新型コロナウイルス対策はずっと会議をしてきたはずだ。その結果がこれ。
会議の意味がない。
会議をしているポーズだけなら感染の拡大の可能性を広げるだけだ。既に厚生労働省の職員は感染して、おそらく、厚生労働省の中には感染者が多数いることだろう。官僚から議員へ、国会議員の感染が判明して国会がパニックになるのは時間の問題だ。

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク