中国武漢発の新型コロナウイルスに対しては騒ぎすぎ!?

日本も世界も中国発の新型コロナウイルス、新型肺炎で大騒ぎになっている。
だが、冷静に考えればインフルエンザによる死者は相当数でているのが現実。
ちょうど毎日のように飛び込み自殺が行われ、人身事故とごまかされてアナウンスされているように・・・
新型コロナウイルスと従来からのコロナウイルスであるインフルエンザのどちらで死ぬ確率が高いかといえば、インフルエンザだ。
問題は、マスクの買い占め、消毒液の買い占めなどが放置されており、入手できない状況となっていること。
こうしたことがなければ、今のようなパニックについても起こらなかったのではないだろうか?
消費者行政はあまりにもこうした高騰などへの対応に対する危機管理能力がなさすぎる。
厚生労働省ももっと冷静に対応できるようにアナウンスをすることが必要だ。
地震を中継.jpg
アゴラより、
新型肺炎に「ゼロリスク」を求めてはいけない
2020年02月19日 06:02池田 信夫
http://agora-web.jp/archives/2044381.html
記事より、
世の中では新型肺炎(COVID-19)を理由にしたイベントのキャンセルが相次いでいるが、国の専門家会議は現状は「国内発生の早期の段階」で、「まだ流行期ではない」という。この判断がわかりにくいと批判されているが、新型肺炎は流行しているのだろうか。

インフルエンザの「流行」には定義がある。全国約5000の病院で定点観測し、1週間に平均1人以上の新患者が一つの病院で報告されると流行である。今シーズンのインフルエンザは昨年11月に厚労省が「全国流行が始まった」と発表したが、このとき(第46週)の患者数は約9000人(平均1.8人)だった。

今のインフルエンザ患者数は、大流行といわれた昨シーズンの1100万人より少ないが、2月3日からの第6週で約30万人(平均60人)。今シーズンの累計受診者数は、約650万人だった(国立感染症研究所)。

これに対して新型コロナウイルスの感染者は2月17日現在で520人だが、このうち約450人はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客・乗員で、国内にいるのは60人余り。インフルエンザの基準を当てはめると、この150倍に増えないと流行の定義を満たさない。今はインフルエンザのほうが10万倍危険なのだ。

インフルエンザの致死率は0.1%なので、今シーズンの死者(超過死亡数)は600人程度と推定されるが、図のように史上最悪だった1998~99年のシーズンには3万7000人以上がインフルエンザで死亡し、昨シーズンは3000人余りが死亡した(国立感染症研究所)。

あなたが今年インフルエンザにかかる確率は約5%だが、新型肺炎にかかる確率は0.00005%であり、それで死ぬ確率はゼロといってよい(死者は高齢者や基礎疾患のある人に限られる)。もちろん今後、大流行する可能性はあるので、政府が感染を防ぐ必要はあるが、それはインフルエンザも同じだ。

新型コロナを特別扱いする理由はないのだ。それはインフルエンザと同じ風邪の一種だから、対策も同じでいい。650万人のインフルエンザ患者を放置して、患者60人の新型コロナにゼロリスクを求めるのは、放射能にゼロリスクを求める情報弱者と同じである。

インフルエンザと新型コロナの違いは、マスコミが騒いで人々が不安になり、集会や旅行をキャンセルするなどの風評被害が大きいことだ。それを防ぐには、政府がイベント中止や入国禁止などの過剰反応をやめ、マスコミが科学的に正しい情報を伝える必要がある。放射能と同じく「正しく恐れる」ことが大事だ。


本当に新型コロナウイルス対策に対する大騒ぎは有意義なのか?
インフルエンザは致死率が0.1%だけれども感染力は高く、感染者数は桁違いに多い。
これが現実で、ごくレアな新型コロナウイルスよりもインフルエンザに注意をすることが本当に必要なこと。
したがって、
「新型肺炎を特別扱いせずにインフルエンザ対策の徹底を!」
とリライトするのが適切だろう。
レアなことを取り上げるフェイクニュースばかりで、大事なことが広がらない。
これが今のSNSの普及による弊害だろう。

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク