小泉進次郎が育児休暇を取って滝川クリステルをおもてなし!

小泉進次郎が育児休暇取得を決断。
その理由は明白で、不倫騒動について、年上の滝川クリステルのおもてなしが必要と判断したからだろう。
さすがに離婚することはないだろうが、おもてなしは必要。
不倫騒動があったから、当初は育児休暇を宣言、やはり撤回、やはり取得と揺れ動いてきたということ。
大臣なんていつもいなくても問題ないのが日本だ。
いつまでも滝川クリステルのおもてなしをしていても問題ないのだ。
不倫.jpg
NKNEWSWEBより、
小泉環境相 育児休暇取得へ
2020年1月15日 6時11分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200115/k10012245711000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
記事より、
育児休暇の取得を検討している小泉環境大臣は、第一子の誕生後、3か月の間に合わせて2週間分、育児時間を確保する意向
小泉環境大臣は、妻でフリーアナウンサーの滝川クリステルさんが近く第一子を出産する予定で、育児休暇を取得するかどうか検討してきました。
その結果、男性の育休取得を進めるためには制度だけでなく空気を変える必要があるとして、国会や危機管理への対応など、大臣としての公務に支障が出ないことを条件に、育児休暇を取得する意向
具体的には、第一子の誕生後3か月の間に、休暇や短時間勤務、それにテレワークを組み合わせて、合計2週間分、育児時間を確保する
このため、打ち合わせなどにはテレビ会議やメールを最大限活用するとともに、副大臣や政務官に代わりに公務に出席してもらうことも検討
小泉大臣は15日、こうした方針を発表する

したがって、
「小泉環境相、不倫騒動で滝川クリステルのために育児休暇取得へ、おもてなし!」
とリライトするのが適切だろう。
不倫騒動に触れないのはどうしたものか。

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク