交通事故よりも自殺が問題の日本

近年、交通事故死は大幅に減少している。
取締りや車の性能の向上や道路の改良などあらゆる対策により、今や年間3千人にすぎない。
高齢者の事故が問題となってきているのも、若者などの事故を含めて全体に事故が減ってきているからだ。
交通事故死は年間3千人、10万人あたりにすると2.5人。
ところが、数字が2018年になるが、自殺は、年間2万1千人、2016年の数字だと10万人あたり18.5人と交通事故死の約7倍もの死者が出ているというのが日本の現実。
もはや交通事故対策よりも、あまり効果が現れず対策が進んでいない自殺対策がいかに重要かが分かる。
涙.jpg
Yahoo!より、
交通事故死、最少3215人 19年、前年比317人減 警察庁
1/6(月) 14:10配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000049-jij-soci
記事より、
 2019年に全国で起きた交通事故による死者数が前年比317人(9.0%)減の3215人だった
 統計が残る1948年以降での最少を3年連続で更新
 警察庁の担当者は「街頭での取り締まり強化やシートベルト着用の定着化など、さまざまな要因がある」と
 都道府県別では、千葉が172人と最も多く、18年まで16年連続で最多だった愛知が156人、北海道が152人
 人口10万人当たりでは徳島の5.57人が最も多く、次いで鳥取が5.54人
 65歳以上の高齢者の死者数(速報値)は、前年比184人(9.4%)減の1782人だった。死者全体に占める割合は55.4%で前年から0.3ポイント減った。
 人口10万人当たりで見ると、全年齢の死者数が2.54人、65歳以上は5.01人で、いずれも前年から減少した

したがって、
「交通事故死、最少を3年連続更新で3千人、自殺者はその約7倍の日本の闇」
とリライトするのが適切だろう。
もう交通対策に金をかけるのはほどほどで良い。
自殺防止対策に金をかける時代になったのだ。

参考)厚生労働省より、
https://www.mhlw.go.jp/content/201812-sokuhou.pdf
これより、平成30年年間の累計自殺者数(20,598人:速報値)は、対前年比723人(約3.4%)減
※2018年

Yahoo!より、
北欧の自殺率は意外と高い ノルウェー王女の元夫の自殺 政府が心の病気調査へ、王様の言葉が感動を呼ぶ
鐙麻樹 | 北欧ジャーナリスト・写真家・ノルウェー国際報道協会 理事役員
1/3(金) 20:34
https://news.yahoo.co.jp/byline/abumiasaki/20200103-00157561/
これより、
人口10万人中の粗自殺率(2016年)
世界全体では10万人当たり10.5人
フィンランド 15.9人
アイスランド 14人
スウェーデン 14.8人
日本 18.5人

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク