2020年はデタラメな地震計による震度5弱発表を改めてマグニチュードで発表してもらいたい

震度5弱以上の地震が今年はこれまで9回発生という。
しかし、震度5弱や5強、さらに6強でもほとんど地震による被害がないケースが相次いだというのも事実。
こうしたことが起こるのは市町村により設置されて、メンテもせずに放置されている、また、設置場所の地盤が適切でなく一般的な場所よりも揺れてしまうところにあるなど、とにかくでたらめな地震計が多いのが原因だろう。
実際に、地震の震度の発表に違和感があるケースが頻発している。
なお、被害をもたらさない地震である、震度5弱をことさら騒ぐのはナンセンス。
気象庁はきちんと地震計のメンテナンスをして、事後に、あの地震での震度はデタラメで小さいものだったと訂正をする必要がある。
びっくり.jpg
NHKNEWSWEBより、
震度5弱以上の地震 ことし国内で9回発生
2019年12月30日 6時50分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191230/k10012231901000.html?utm_int=news_contents_news-main_003
記事より、
ことし国内で震度5弱以上の揺れを観測した地震は9回発生し、6月に山形県沖で発生した最大震度6強の地震では、けが人や建物の被害が相次ぎました。気象庁は「被害をもたらすような地震は、いつ、どこで起きてもおかしくない」として、日頃の備えを呼びかけています。
気象庁によりますと、ことし国内で震度1以上の揺れを観測した地震は、今月25日までに1539回発生しました。
このうち震度5弱以上の揺れを観測した地震は、合わせて9回発生しています。
1月3日には熊本県でマグニチュード5.1の地震が発生し、和水町で震度6弱の揺れを観測しました。
総務省消防庁のまとめによりますと、この地震で4人がけがをしたほか、60棟の建物で一部が壊れる被害が出ました。
6月18日には山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱の揺れを観測し、沿岸には一時津波注意報が出されました。
けがをした人は重傷者9人を含む43人。ブロック塀の倒壊や屋根瓦が落ちるなどの被害が相次ぎ、住宅被害は1650棟にのぼりました。
気象庁は「被害をもたらすような地震は今後いつどこで起きてもおかしくない。家具の転倒防止や備蓄など、改めて日頃の地震の備えを確認してほしい」と呼びかけています。

したがって、
「でたらめな震度5弱以上の発表が気象庁から、今後いつどこで発表されてもおかしくない現状」
とリライトするのが適切だろう。
気象庁はきちんと地震計のメンテナンスをすることが本来の仕事だ。
また、数時間以内には、最大震度を記録した地点を調べて、その震度を発生した地震の最大値として取り扱うことを止めるという判断は今の地震計の状況でも可能だ。
統計では当たり前のハズレ値を除外するということは、ちょっと考えればできるもの。
最初の大袈裟な発表は仕方がないとしても、ハズレ値の処理をすることは可能で、その蓄積から以降はその地震計の値は最初から採用しないということも可能となるだろう。
今の地震の発表のやり方は、そもそも震度を中心に発表して、国際標準のマグニチュードで発表しないことも含めて改めることが必要だ。

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク