通勤天皇を強いられた令和の天皇陛下

ブラック宮内庁。
今年も終わってしまうが、令和元年、即位の年にも関わらず、皇居・御所住まいを譲らなかった上皇さま。
住まいの上でも本当の天皇がどちらか分からない状況はまだまだ続く。
そして赤坂から毎日通う通勤天皇の通勤回数記録も更新中。
また、仮移転先は膨大な税金を注ぎ込んで置きながら上皇さまは移転んしないため「空き家」問題も発生中。
宮内庁には空き家問題はない、ないことになっているようだ。
未だに上皇さまが天皇であるかのような状況は決して適切とは言えないだろう。
Drive-Yuka.jpg
Yahoo!より、
上皇さま 86歳祝う夕食会
12/24(火) 6:18配信 TBS News i
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191224-00000017-jnn-soci
記事より、
 上皇さまの86歳の誕生日を祝う夕食会が開かれ、天皇皇后両陛下や秋篠宮ご夫妻らが出席
 にこやかな表情で手を振って応えられる両陛下と愛子さま。23日夜、上皇さまの86歳の誕生日を祝うため、皇居を訪問
 夕食会は、上皇ご夫妻のお住まいである吹上仙洞御所で行われ、秋篠宮ご夫妻や黒田清子さん夫妻も参加

この記事にある、
上皇ご夫妻のお住まいである吹上仙洞御所とは、天皇のときからのお住まいである皇居・御所そのもの。単に呼び方を変えているだけに過ぎない。
天皇陛下と上皇さまではもはや格は全く違う。
赤坂から毎朝通勤というのは警備としても大変であり、常にリスクに晒されているという状況。
セキュリティの面でも、負担の面でも好ましく無い状況が未だに続いているのが現状だ。

参考)時事通信より、
退位後お住まい「吹上仙洞御所」=東宮御所は「赤坂御所」-宮内庁
2019年04月22日16時47分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042200809&g=soc

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク