千葉の停電について政府ができることはほとんどない

千葉の被害はいわゆる災害というよりは停電被害。
自然災害で鉄塔が2本倒壊したのは事実だが、いずれにしても東電の責任。
国としてするべきこと、税金投入ができる範囲は限られている。
だから予算もたった13億円。
問題の解決は全て東電にかかっていると言うのが正しい。
何より今回2基の鉄塔を倒壊させてしまったのだ。
台風自体は今の感覚からは想定内のものだったが、対策が十分だったとは言えないだろう。
鉄塔.jpg
Yahoo!より、
千葉の停電復旧などに予備費13.2億円 首相が方針
9/17(火) 13:19配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000037-asahi-pol
記事より、
 安倍晋三首相は17日午前の閣僚懇談会で、千葉県内を中心に大規模な停電をもたらした台風15号による被災者支援強化に、今年度予算の予備費13・2億円をあてる考えを表明
一刻も早い停電の全面復旧に全力を挙げることや、早期の断水解消に努めることなどを指示
 菅義偉官房長官は閣議後の記者会見で、台風被害をめぐる政府対応の遅れが指摘されていることについて「(遅れたとは)まったく考えていない。災害が発生してからすぐ自衛隊は出動させている」と説明
 今回の台風15号をめぐっては、政府は首相や閣僚らが出席する非常災害対策本部会議を開催していない。政府関係者は「多数の死者や大規模な家屋損壊などが想定される際に開かれるもので、今回は該当しなかった」と

そうなのだ。
今回の災害は言わば東電による人災。
従って、
「千葉の停電復旧などにたった予備費13.2億円、東電が責任をもって復旧をと政府の方針」

とリライトするのが適切だろう。
そもそも過去にも鉄塔が倒れるなどの台風はあった。
その際に原因を検証して対策を立てたはずだが、その対策のために必要な金を金子社長が削ったのだろう。
その証拠に東京電力パワーグリッドの記者会見の会場には2度の会見のどちらにも金子社長はとんずらしている。
こういう責任感のない輩はすぐに辞任が適切。政府ももっとトップを糾弾すればいいのだが、献金額が半端ないので忖度しているのだろう。

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク