とくダネ!が台風10号の怖さを伝えられなかった理由

小倉智昭がぼやくようにとくダネ!が台風10号の怖さを伝えられなかった理由は明白だ。
気象庁の馬鹿騒ぎでしかなかった体。
気象庁は一週間以上も前から、前例がない、超大型だと騒ぎながら、実際に近づいたのは単なる大型台風。
台風の規模を示す中心気圧も月並みなもの。
だから当然のごとく大した被害はない。
日本は台風が毎年いくつもやってくる国だ。ある程度の対応はされている。
だから、マスコミの欲しい画がないのだ。挙句は屋根から落ちた人間まで台風関連として取り上げる始末。
台風関連に1時間を割く必要があったのかと疑問を呈することは真っ当な話だ。
とくダネが欲しければ、今回の台風のデータが、まさに、JRなどの本来の運行を中止する基準に合っていたのか、大騒ぎにトップがビビって過剰な対応をして多くの帰省客に迷惑をかけたのか、また、社会的、経済的損失の責任はJRにあるのではないかなどいくらでも取材をして報道をするネタはあるはずだ。

Yahoo!より、
小倉智昭氏、台風中継で「ことごとく中継結ぶところが雨も風も強くないところ」
8/15(木) 9:51配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000077-sph-soci
記事より、
 15日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で台風10号の情報を報じた。
 番組では、高知県の黒潮町、宮崎市の白浜海水浴場、和歌山県の串本町、渋滞予測があった滋賀県内の新名神高速道路から中継した。情報を伝えた小倉智昭キャスターは「しかし、台風10号は雨も風もすごく、特に雨に注意してくださいってずっとお伝えしてきて、今日も1時間以上、台風中継、割いているんですが、ことごとく中継を結ぶところが雨も風も強くないところで」と
 小倉氏は「番組スタッフが読めなかったってことでしょうね」と

したがって、
「小倉智昭「ことごとく中継結ぶところが雨も風も強くないところ」と中継に堪える被害がないことを暴露」
とリライトするのが適切だろう。
多くのイベント、コンサートなどが中止されている。
大した台風でもないにも関わらずだ。
この経済損失は大きく、しかも消費税増税で経済は急降下間違いなしだ。株式市場も完全に冷え込んでいる。
安倍政権はありもしな台風10号の被害の心配をしている暇があるなら、消費税増税凍結を平和を祈念して発表することが必要だ。R-1-YUKA-DrinkUp.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク