高齢者が熱中症で亡くなるのはクーラーで電気代が高いとケチるからです!

高齢者が熱中症で亡くなるケースが目立っています。
しかも、その多くが自宅でクーラーの電源を入れない、節電によって亡くなっているというのが現実です。
命と電気代とどちらが大切かというお話です。
高齢の両親を持つ働き盛りは少し故郷などの両親の節約感覚について注意を促したほうがいいでしょう。
むしろ熱中症で亡くなったほうがいい?それについては何ともコメントできませんが・・・
しかし、そのことで熱中症で死なない場合でも倒れて救急車を使い、人手を使い、治療で医療費が膨れ上がるという社会的な損失が発生します。
妙な節約で税金の無駄遣いはやめてほしいと思うのです。

Yahoo!より、
熱中症搬送 1万8000人…「高齢・屋内」目立つ
8/8(木) 17:56配信 読売新聞(ヨミドクター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00050026-yomidr-soci
記事より、
 梅雨明けからの猛暑で、熱中症になる人が急増
 直近1週間に救急搬送された人は全国で1万8000人超
 目立つのは「高齢者」と「屋内」
 専門家はエアコンで室温管理するなどの対策を呼びかけている
 総務省消防庁によると、7月29日~8月4日の1週間に熱中症で救急搬送された人は全国で1万8347人(速報値)。前年同期より約6000人多く、前週(7月22~28日)の3倍以上に増えた。福岡県でも591人、山口県で158人が搬送された。
 年代別では、1万8347人のうち、65歳以上の高齢者が9963人で全体の54.3%を占めた
 発生場所で最も多いのは、敷地を含めた「住居」で41%(7525人)
 帝京大病院(東京)の三宅康史・高度救命救急センター長は「高齢者は体力が衰えているのに暑さを感じにくい。ただ、今は誰もが熱中症になりうることを知り、対策を講じるべきだ」と指摘する。
 三宅センター長は具体的な対策として、▽暑い場所に長時間いない▽のどが渇く前に定期的に水分を取る▽保冷できる水筒を持ち歩く――などを挙げ、「屋内でも室温を把握し、しっかりエアコンを使うようにしたい」と話す。

■熱中症の予防と対策

 室内では

▽無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使う。室温をこまめに確認する

▽遮光カーテン、すだれを利用する

 外出時は

▽日傘や帽子を着用。日陰を利用し、こまめに休む

▽天気の良い日は、日中の外出をできるだけ控える

 屋内、屋外でも

▽保冷剤や氷などで体を冷やす

▽こまめに水分、塩分を補給する

(厚生労働省のホームページから)

この記事でも引用しているように、厚生労働省もエアコンをケチるなと言っているのです。
なお、古いエアコンは節電タイプではないので、来年以降に向けて新しいエアコンを涼しくなった秋口にでも頼んで準備しておくことが大切です。
暑くなってからのエアコン設置は順番待ちが長く間に合わないということがあります。
その場合はウィンドファンタイプ、スポットタイプのエアコンなど自分でつけることのできるエアコンで凌ぐという方法もあるので、いまだにエアコンがない、エアコンが壊れてしまったなどの場合には、覚えておきたいものです。
参考)
2019年08月10日
即納で自分で設置できるエアコン
http://fanblogs.jp/mobilera8/archive/23236/0


エアコン.jpg
関連)
時給ほぼ100円の東京オリンピック2020のボランティアは本当に集まるのか?
2018年09月18日
http://www.news-rewrite.info/article/461730826.html

まりなさん、冷たいビールやアイスコーヒー、ジュースなどで水分補給をするのはNGですよ!
2018年07月23日
http://www.news-rewrite.info/article/460669184.html

学校の教師による熱中症殺人という完全犯罪がじわじわと流行している予感。
2018年07月18日
http://www.news-rewrite.info/article/460587666.html

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク