モスプレミアムはちょい飲みモス、モス居酒屋だ!

1000円の高給バーガーがモスプレミアムだという。
だが、実際は1000円なのはポテト付きであり、ハンバーガー単品で1000円という値段でもない。
さらに、ランチタイムには、ドリンクまで付いて、1000円。
つまり多少高いハンバーガーという位置づけでしかない。
だからこそ、モス、という名前はそのままでのブランド展開なのだ。
あくまでちょっと高いモスにすぎない。
だが、ポイントは夜は酒を出すということ。
要するにちょい飲みバーガーを目指したもの。
桜木町駅からスタートするモスプレミアムだが、既に横浜市内にはフレッシュネスバーガーがワインを以前から提供しており、生ハムとセットで赤ワイン飲み放題というメニューも以前から実施している。
このちょい飲み商法に便乗したものだ。
ソフトドリンクのみならず酒を提供するモスバーガー。
ちょい飲みモスが桜木町駅に登場!というのが正解だろう。

Yahoo!より、
最安バーガーは1000円 モスが最高級店をオープンする狙いを現地で確かめた
7/17(水) 17:52配信 ITmedia ビジネスオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00000082-zdn_mkt-bus_all
記事より、
 モスバーガーを運営するモスフードサービスは、7月19日に最高級のハンバーガーを提供する「MOS PREMIUM(モスプレミアム)」(横浜市)をオープン
 同社が運営する紅茶専門店「マザーリーフティースタイル」も“同居”する「フードホールスタイル」と呼ばれる店舗
 モスプレミアムは、「世界一のハンバーガーを開発する」
 最も安いハンバーガーは1000円(税込、以下同)
 1300円や1500円の高価格帯商品もそろえた。
 昼には肉汁がたっぷりで食べ応えがあるグルメバーガーを提供し、夜はクラフトビールなどのお酒に合うソーセージや前菜の盛り合わせも提供
 モスプレミアムの商品ラインアップは、モスクラシックと一部重複している。
 モスプレミアムの限定商品には、「モスプレミアムバーガー」や「3種のとろけるチーズバーガー」(ともに1300円)など
 使用しているパティやバンズは、通常のモスバーガーのものとは異なる
 その時の気分に応じて、ハンバーガーを注文したり、紅茶を注文したりできる。厨房と座席を2店舗で共有することで、スタッフの人員削減や業務の効率化を図るのが目的
 注文方法も工夫されている。昼の時間帯、お客はそれぞれのカウンターで商品を注文し、店員にお金を払ってから席で料理が届くのを待つ
 夜になると、お客はテーブルに置いてあるタブレットから注文する。タブレットの中には、モスプレミアムとマザーリーフのメニューが全部入っているので、店員はオーダーをとる必要がなくなる。食事が終わった後、お客はレジで会計を済ます
 昼と夜の客単価は、それぞれ1100円と2500円を想定している。最もスタンダードなハンバーガー(1000円)にはポテトも付いているが、ランチの時間帯にはドリンクがサービスされる。つまり、ランチ需要を1000円で満たせる

従って、
「モスが最高級店をオープンする狙いは、ちょい飲みモスの駅前展開!」
とリライトするのが適切だろう。このビジネスモデルはそのまま日高屋グループの戦略のコピーだ。
居酒屋河村.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク