30代のグラドル石川優美の生き残り戦略でしかない#KuTooを聞いている方が苦痛だ

石川優実は決して一般人ではなく、30代の売れないグラドルで金のために#KuTooの人となった炎上商売の達人。
#KuToooは単に石川優美自身の生き残り戦略であることが見え見えなので誰もが嫌っているのだ。
何でもいいから話題になればいいというのが炎上商法。
そもそも、グラドルのほかの肩書きにOLはなかったと思うのだが。
グラドル.jpg
Yahoo!より、
「#KuToo」石川優実さんが勤務先を突き止められ退職に追い込まれても潰れない理由
6/28(金) 11:00配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190628-00568210-shincho-soci
 気鋭のライター・姫野桂さんが「女性の生きづらさ」について綴る連載「『普通の女子』になれなかった私へ」第9回。「仕事でヒールやパンプスを履かなきゃいけないという風習をなくしたい」とTwitter上で「#KuToo」というハッシュタグを発信し、署名を立ち上げたグラビアアイドル・女優・ライターの石川優実さんを取材しました。ネット上でのバッシングは熾烈を極め、ついには勤務先の葬儀社を突き止めようとされ、やむなく退職に追い込まれた石川さん。それでも彼女が#KuToo運動をやめない理由とは? 
 グラビアアイドル、女優、そしてライターとして活動している石川優実さん。前回はグラドル界の裏側について語ってもらったが、今回は#KuToo運動や、女性や芸能人が社会活動をすることへの世間の冷たい視
線について切り込みたい。
 現在、石川さんは「足を痛める可能性のあるパンプスの強要をなくしたい」と#KuToo運動を行っており、様々なメディアに取り上げられている。しかし、パンプスとヒールの違いがわかっていなかったり、「ヒールを好きで履いている人もいるんだ」「接客業において、マナーとしてどうなのか」と、曲解している人も多く見受けられ、この問題はより複雑化しているように思える。特に、ネット上での石川さんへのバッシングはひどい。
 単純に「パンプスで健康被害を被る人もいるので、履きたくない人には履かなくてもいい権利をください。労働する上で男女平等の権利をください」と至極シンプルな訴えであるにもかかわらず、なぜか話をすり替えられてしまっている。好きでパンプスやヒールを履いている人の権利を奪っているわけではない。

従って、
「「#KuToo」石川優実さんは退職に追い込まれても炎上ネタとして売れればいいという商売人」
とリライトするのが適切だろう。
#KuTooをもとグラドルが訴えるなんて冗談のような話だ。
グラドルというエロ商売には高い、ある意味、高すぎるハイヒールは必需品だ。
また、OLと主張するのも極めて不自然だ。
話を作りすぎなのでバッシングされているだけの話で、ハイヒール、パンプスの話はネタでしかない。
署名とかいうのだが、みんな面白がって、SNSで遊んでいるだけだ。

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク