貯金もなしで年金だけで生活できると考えている国民はほとんどいない

野党が無意味で無責任な馬鹿騒ぎ。
そもそも、貯金0で老後を迎えるというのはリスクしかない。
老後に資金を用意しておきましょうというのは当たり前の話だ。
それをこんなに騒いで貯金も一切しないで年金だけで暮らせる老後を実現しろというお話。
これから明らかなように、野党に政策立案能力はない。
国民が少しでも嫌がることはやらないというのは異常。
野党は騒ぐだけで、これでは何も解決しない。

アゴラより、
老後の不安を解決する「社会保障国債」
2019年06月09日 06:30
池田 信夫
http://agora-web.jp/archives/2039559.html
記事より、
・野党が「年金は100年安心じゃなかったのか」と騒ぎ、麻生金融担当相が「あたかも赤字になるような表現は不適切だった」と国会で釈明したが、あやまる必要はない。「100年安心」というのは厚労省の公式見解ではなく、「100歳まで年金だけで生活できる」という意味でもない。それは「100年後も年金財政は破綻しない」という意味である

この通りで野党の馬鹿さ加減がよく表れている。また、庶民感覚も欠如。
まともに取り合うだけ無駄というレベル。
こんな低レベルの議論をするために使われている税金はムダであり、野党を税金で食わせる国会議員としておいておくことに全く意味はない。
したがって、
「老後の不安を解決する「社会保障国債」により、2000万円の老後の資金を積み立てる必要がある」
とリライトするのが適切だろう。
誰も年金だけで老後が安心して暮らせるなどと言ってもいないし、期待もそもそもされていないのだ。
年金.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク