暴利をむさぼるNHK、ぼろ儲けだが受信料値下げの還元はせず!

明らかにNHKは儲けすぎであることが判明。
暴利をむさぼっている公共放送であり独占禁止法違反の状態だ(法律によって守られているが)。
菅官房長官も携帯電話料金4割引き下げが可能ならNHKも無料化が可能なはずで、無料化するようにNHKに対して発言してほしい。

Yahoo!より、
NHK受信料収入、初の7千億円超え 5年連続過去最高
5/14(火) 18:17配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000075-asahi-soci
記事より、
・NHKは14日、2018年度決算(単体、速報値)を発表した。受信料収入は前年度より209億円増の7122億円。5年連続で過去最高となり、初めて7千億円を超えた。受信料制度を合憲とした17年12月の最高裁判決が出たことや、営業体制の改革が進んだことが要因としている
・受信料の支払率は前年度より2ポイント増えて82%となり過去最高
・NHKは今年10月に予定されている10%への消費増税時に受信料額を据え置くことで、実質的な受信料値下げを行うため、今年度予算では事業収支差金は30億円の赤字を見込んでいるが、NHKは黒字になる可能性もあると説明

要するに無茶苦茶儲かっているといういことだ。
消費税据え置きなどと言う寝ぼけたことを許さずに、10年後には無料化という目標を自民党と公明党はNHKに突き付ける必要がある。令和おじさんはNHKとずぶずぶなのか?

従って、
「NHK受信料収入初の7千億円超え、5年連続過去最高でも値下げせず新社屋建設の放漫経営」
とリライトするのが適切だろう。
NHKが本来取り組むべきは低コストで観られる公共放送だ。今の地上波のみ月額1310円は高すぎる。
money-bill.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク