元経済産業省の天下り理事長の飯塚幸三は暴走老人で10人死傷者を出した

元経済産業省の天下り理事長の飯塚幸三。
プリウスで母子を含む10人の死傷者を出した大惨事を招いた暴走老人、暴走理事長、暴走天下り野郎だった。
辞任を届け出てもすぐに辞任となるわけではない。
つまり、いまだに天下り理事長なのだ。
天下り官僚であることは間違いなく、金は自分のためではなく被害者救済にあてるのが当然だろう。

Yahoo!より、
池袋暴走運転手が「理事長」務める団体 事故後に辞任の申し出あった
4/25(木) 17:45配信 J-CASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000008-jct-soci
記事より、
・池袋暴走運転手が「理事長」務める団体 事故後に辞任の申し出あった
東京・池袋の事故現場では、花束を供え、被害者を悼む人たちの姿がみられた(2019年4月23日撮影)
・東京・池袋で母子2人が亡くなった自動車暴走事故後に、運転手と同じ名前の人物が理事長だと記載されている団体の公式サイトが見えない状態となり、ネットで注目を集めている

高齢者の事故は問題となっているなかで、池袋暴走運転手という呼称は今一つ。
本質を表現するには、暴走老人,、もしくは、暴走天下り官僚、暴走上級国民、暴走院長、暴走理事長とするなどが適切だ。
従って、
「10人死傷の池袋暴走老人のフルスロットル飯塚幸三元院長は天下り理事長だった」
とリライトするのが適切だろう。
飯塚幸三.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク