スリランカでテロ、高級ホテルが狙われ日本人にも犠牲者

NHKのスリランカのテロについての報道だが、日本人がという報道には違和感しかない。
この時点では日本人の死者は確認されていなかったが、その後、1人の日本人の死亡が確認されている。
HOTEL-KINUGAWA.jpg
NHKWEBNEWSより、
スリランカ 同時爆発は自爆テロ 日本人も巻き込まれたか
2019年4月22日 5時12分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190422/k10011891801000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
記事より、
・スリランカの最大都市、コロンボを中心に、ホテルとキリスト教の教会で起きた同時爆破テロ事件では、これまでに200人余りが死亡しました。捜査当局は、いずれも自爆テロだったことを明らかにし、犯行グループの解明を進めています。また複数の日本人が巻き込まれたという情報があり現地の日本大使館が確認作業
・コロンボとその郊外などにあるホテルとキリスト教の教会、合わせて6か所でほぼ同時に爆発
・スリランカ政府の関係者によりますと、今回の事件の前にテロを計画しているという情報が寄せられ、警戒レベルを引き上げようとしたやさきに爆発が起きたという

日本人が死んだかなどがテーマとなっているが、ポイントは別にある。
この報道から、なんとスリランカ政府は事前にテロの予告を受けていたのだ。
にも関わらず全くテロリストのやりたい放題を許し、多くの死者を出したのだ。
その方が余程問題だろう。
したがって、
「スリランカ 同時爆発は事前に情報があったにも関わらず200人以上の死者を出す大失態」
とリライトするのが適切だろう。
テロリストの情報は一般には非公表で、対策がロクに取られなかったために多くの外国人を含む死者を出した。
スリランカ政府を信用することはできない。

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク