秋元康はプロデューサーとしてAKBグループのイジメアイドルぶりを知らないと平気で嘘をつく金の亡者

AKBとはもともと秋元康も大好きなキャバクラのシステムが原点。
メンバー同士をイジメにまで追い詰めるシステムであり、ブラックアイドル、イジメアイドル、集団リンチ当たり前のAKBグループ。
総合プロデューサーは秋元康で欅坂もNGTの総合プロデューサーも務めている、そしてピンハネしている。
だが、問題が発生するとそれは運営会社の話だかとスルー。
イジメについては、秋元康は聞いてないことにしろ、分かったなで、終わり。
さすがに何もしらないという秋元康にインタビューでは再度同じことを聞いている。
そりゃ、あんまりな嘘だから当然で、当然、秋元康がイジメが頻発してメンタルが大量に出ていることを知らないというのはファンでさえ知っていることなのであり得ない嘘なのだ。
すべては金のための守銭奴が秋元康。

Yahoo!より、
悲痛告白 欅坂46・今泉佑唯“卒業の真相”は陰湿イジメだった
4/13(土) 22:30配信 文春オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190413-00011490-bunshun-ent
記事より、
・元「欅坂46」で女優の今泉佑唯(20)が、2018年に同グループを卒業した理由が、複数のメンバーから受けていた陰湿なイジメにあったことがわかった。今泉の家族や近親者、親友などが「週刊文春デジタル」の取材に答えた
・「ファンの間では、平手友梨奈さん(17)や志田愛佳さん(20)との不仲が噂されているようですが、彼女たちは『よき相談相手だった』と妹から聞いています。ただ、その平手さんを崇拝する“取り巻きメンバー”の5人が問題だった。妹が注目を浴びるのが許せなかったようです」(今泉の兄)
・イジメの主犯格はA子~E子の5人。今泉は2017年4月13日、体調不良を理由にグループの活動を一時休止。同年8月復帰をしたものの、2018年にグループを卒業したが、イジメは2017年の復帰から2018年に卒業するまで約1年半にわたって続いた
・体調不良で一時休止中、A子からは「戻ってこなくていいよ」と連絡があり、B子には「平手が築き上げた欅をお前が壊している」と面罵された。ほかにも「死ね」などの暴言、化粧品や靴下が片方だけ隠される、1人だけエレベータに乗せてもらえない、楽屋にカギをかけられて入れないこともあった
・「運営幹部はメンバー全員から聞き取り調査をして、イジメがあったことを認めているんです。『主犯格5人を辞めさせる』とまで約束したそうです。シングル『アンビバレント』の振りの練習の頃だと聞いています。ですが、実際には主犯格らが辞めさせられることもなく、イジメはエスカレートしていきました」(同前)
・今泉は自殺を考えることもあったという。心労から耳が聞こえなくなり病院で「心因性難聴」とも診断された
・「運営側はいかに美談で終わらせるかばかり気にしていたそうです、書いたブログも直させられた。佑唯はイジメを匂わせるような表現をしていましたが、一連の描写は使えないと突き返された」(近親者)
・イジメは別の人気メンバーにも波及するなど、”第2のNGT事件”の様相を呈している。4月8日、グループの実質的な運営トップである秋元康氏を直撃
・欅坂でイジメがあった?

秋元「いや、それは聞いてないです」
――聞いていない?
秋元「はい」

知っていても聞いていないとか困ったら言うのだろう。
欅坂でもNGTと同じことが起きていたということは、どのAKBグループでも同じようなイジメがあるということだ。
それはそういうキャバ嬢を競わせるシステムと同じなのだから必然だ。
AKBグループのアイドルが内部のイジメで自殺する日も近いと思われる。
NGTもすでに仕事がないし、スポンサーは降りてしまった状態で、AKBグループをCMなどに採用している会社はいじめアイドル、リンチアイドルであるAKBグルーぷは、いくら枕営業があったとしても、リスクが高く、企業イメージに傷をつけかねないグループであることを認識する必要がある。

従って、
「悲痛告白 欅坂46の今泉佑唯も陰湿イジメで山口真帆のようにチームを追い出されたが、秋元康はそれを黙認、公認」
とリライトするのが適切だろう。
要するに金になればよく、アイドルは使い捨てというのが守銭奴の秋元康のビジネスモデルなのだ。
中井りかパンチ.jpg

参考)欅坂46まとめてち!より、
http://keyakizaka-46.org/archives/9903.html

いじめの5人のうち、長濱、尾関は確定か?

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク