日本企業が中国ファンドに買われる、パイオニアも

パイオニアが上場廃止の報道。
日本の代表的なオーディオメーカーだ。
さすがにスマートフォンの流行でいわゆるステレオというものが家からなくなりつつあるのは事実。
だが、ホームシアターに目覚めると音もこだわりたいものだ。

Yahoo!より、
創業80年パイオニアが上場廃止 老舗、株式市場から姿消す
3/27(水) 15:46配信 共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000113-kyodonews-bus_all
記事より、
・創業80年パイオニアが上場廃止 老舗
・老舗の音響機器メーカーとして多くの人々に親しまれたが、2000年代に入って経営が悪化し、株式市場から姿を消した。今後は、出資を受ける香港ファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」の完全子会社となって再建を目指す

従って、
「創業80年パイオニアが香港のファンドに買収され上場廃止 老舗、株式市場から姿消す」
とリライトするのが適切だろう。
日本の会社から香港ファンドの中国系の企業になってしまうパイオニア。
日本人としては残念な限りだ。
pioneer.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク