住みたい街は横浜、飛び込み自殺で有名な中央線沿線の三鷹はジャンプアップといっても16位

三鷹ば中央線沿線。
中央線といえば飛び込み自殺で有名。しょっちゅう中央線は止まる。
アナウンスは人身事故だが、結局は電車に飛び込み自殺で、その現場は悲惨。バラバラ殺人の様相が日々繰り返されている。
中央線はそんなイメージしかない。
人身事故=飛び込み自殺=中央線だ。

Yahoo!より、
「住みたい街」最新ランキングで「三鷹が二子玉川を抜いた」ワケ
3/3(日) 19:10配信 MONEY PLUS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00010001-moneyplus-bus_all
記事より、
・今年で10年目を迎えた、リクルート住まいカンパニーのまとめによる「住みたい街ランキング関東版」。2月28日の発表以降、多くのメディアが「横浜が2年連続の1位を獲得」「埼玉を代表する大宮、浦和の2大都市の躍進」
・大幅な躍進を遂げたのが三鷹。2018年は38位でしたが、今年は16位と大きくジャンプアップ
・JR中央・総武線の始発駅でもあり、東京メトロ東西線にも直通
・近年は「文士の街」としてのブランディングも推進。太宰治や山本有三の記念館があるほか、太宰や森鴎外の墓、太宰関連のさまざまな遺構も
・苦戦傾向がみられ始めたのが、これまで人気だった川崎市や東京湾岸のタワーマンションエリア。川崎では、武蔵小杉(東急東横線)が2018年の6位から今年は9位にダウン、川崎(JR京浜東北線)が20位から26位に後退
従って、
「「住みたい街」最新ランキングで「三鷹が16位、二子玉川を抜いたが16位」」
とリライトするのが適切だろう。
1位横浜と三鷹の16位の差は果てしなく遠い。
fuckyouasshole.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク