高梨沙羅はなかなか勝てない、自己ワーストの6位

女子スキージャンプの高梨沙羅がスランプ。
今シーズン勝てない状況が続いている。
日本の女子チームの他のメンバーも低迷しているが、理由はお尻の問題って言い方は適切か?

Yahoo!より、
【岡部孝信の目】高梨沙羅、お尻下がって空中で抵抗増
3/1(金) 6:35配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000268-sph-spo
記事より、
・ノルディックスキー世界選手権第8日(27日、オーストリア・ゼーフェルト)
・ジャンプ女子個人(ヒルサイズ=HS109メートル)で、高梨沙羅(22)=クラレ=は合計236・7点で、11年大会と並び世界選手権では自己ワーストタイの6位
・沙羅は今季序盤のように、助走姿勢でお尻が低く、上半身が上向きに飛び出して空中で抵抗を受けていた。お尻が下がるのは、踏み切りで強いインパクトを与えようと力を入れたときになりがちだ。ただ、海外勢も決して絶好調ではなく、沙羅も合わせて調子を落としてしまっている

ということでお尻の問題とは、踏切でインパクトを与えようとして力を入れすぎということだ。
従って、
「【岡部孝信の目】高梨沙羅、踏み切りで強いインパクトを与えようと力を入れすぎと指摘」
とリライトするのが適切だろう。
スキージャンプでの世界ではそういうのかもしれないのだけれど、普通に力みすぎと言えば通じる話。
リラックスして飛べるようになれば、高梨沙羅も22歳のベテラン、世界も認める超一流選手であることは間違い無いのだから。
今後の高梨沙羅の復活に期待したい。
スキーあかね.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク