厚生労働省の官僚の無能アピールは当然辞職すべきとなる

厚生労働省の官僚たちの統計知りません発言。
知らないなら罪がないと考えるのは大きな間違い。
さらに、統計不正問題は死人に責任を被せるということで有耶無耶にするという作戦をとる始末。
厚生労働省の官僚というのは本当にポンコツ官僚ですぐにクビにするのが適切だ。
どう考えても税金の無駄遣いで、こんなポンコツ官僚が仕事をしていること自体が国損だ。

NHK NEWS WEBより、
統計不正 当時の担当者「数値復元指示するも実施を確認せず」
2019年2月17日 17時40分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190217/k10011818241000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_032
記事よれば、
・厚生労働省の統計不正問題で、不正な抽出調査が始まった際、当時の担当者は「数値を復元する処理を指示したが、それが実施されたかは確認していなかった」と、厚生労働省の特別監察委員会に証言
・指示を受けたとされる技術の担当者はすでに死亡しているということで、詳しいいきさつの解明は難しくなっています
・毎月勤労統計調査への認識について「雇用保険や労災保険の給付額に反映されるということは報道を見て初めて知った。さまざまな政策に関係する重要な統計だということは知らなかった」と証言
・当時、不正には全く気付かなかったとして、その理由について「統計の部署は人員や予算を削減され、いつも業務に追われていた。さらに、縦割り体質で横の人が何をやっているかチェックすることもなかった」と

この話は恐ろしい。
要するに死人に口なしなのだ。
生きているポンコツ官僚は自分が指示したがその通りにしなかった、今は死人が悪いという話。
そもそも厚生労働省が重要な統計が何かさえわからないというのはありえない。今時、ちょっとネットで調べればわかるモノだ。
また、不正な調査で良いはずもなく書いてある通りにしないというのは公務員としてはありえない話であり、こうした証言をする人間は既に公務員の適性がないので、すぐに辞職させることが必要だろう。
従って、
「統計不正 当時の担当者「指示するも確認を怠る無責任さ」と厚生労働省のポンコツ官僚ぶり全開!」
とリライトするのが適切だろう。
バカすぎ、ポンコツすぎ、税金の無駄すぎだ。
聖護院八ツ橋.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク