池江璃花子はアメリカでの高地合宿の時点で白血病だったのに血液検査なしで放置されたのか?

池江璃花子が怒りのツイッターでの白血病の発表。
昨年の段階で、池江璃花子は白血病の症状を訴えていた。
アメリカでの高地合宿の時点で白血病の症状と見られる不調をコーチらに訴えていたのに、血液検査さえされずに放置、隠蔽された事実が発覚。
水連などによる白血病の早期発見という発表と報道に目を疑う。
はっきり言って赤血球を増やすための高地トレーニングなのに、血液検査もしないで放置、しかも白血病と発覚とは明らかに病気の発見が遅すぎるし、また、非常に不自然だ。
アメリカでの体調不調を隠して1月13日のレースに無理やりエントリーさせて、結果、異常な遅さと、棄権までする状況。
どんなに遅くてもこの時点ですぐに診断を受ける必要があると判断するのがプロのアスリートのスタッフというものだ。
ここまで、日本の水泳界のエースの池江璃花子の白血病の発見が遅れた原因は何だ?悪意さえ感じる。

Yahoo!より、
池江 年始から見え隠れしていた体調不良 今年初レースで「疲れの抜けが遅い」
2/12(火) 15:25配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000086-dal-spo
記事より、
・競泳女子の池江璃花子(18)が12日、ツイッターで白血病と診断されたことを公表した。池江はツイッターで書面をアップし「体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、『白血病』という診断が出ました」と記し「私自身、未だに信じられず、混乱している状況です」ともつぶやいた
・当時はあくまで本人も周囲も疲労が原因と考えていた。実際、米アリゾナ州フラッグスタッフで約3週間行った高地合宿から12月24日に帰国し、大みそかは紅白歌合戦に審査員として出席。年明けも表彰式の出席が続くなど、慌ただしい年末年始を過ごしていた
・指導する三木二郎コーチ(35)も高地合宿中、最後の練習を1回休ませたことや下痢が続いて体重が1、2キロ落ちたことを明かしており「体調見てやっていけたら」と

従って、
「18歳の競泳女子の池江璃花子は年末時点で体調不良もドクターチェックなしで、約3ヶ月後にもなって白血病が発見されたという対応の遅さ」
とリライトするのが適切だろう。
日本へ帰国する前から、体調が悪かったのにドクターチェックなしだったことが分かる。
池江璃花子の体調管理はどうなっていたのか?
早期発見、早期治療がされていたらと悔やんでも悔やみきれない。池江璃花子はまだ18歳なのだ。
ダメ絶対ダメ.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク