メイウェザーは那須川天心のストレート一発入ったので本気になった

大晦日のRIZINのエキシビジョンマッチ。
天心のボロ負け、子供扱いと言われている試合だが、試合後に那須川天心がメイウェザーから讃えられた。
リップサービスだと誰もが思っているが、実は本心で、メイウェザーに那須川天心の右ストレート一発が実際に入ったからだろう。
メイウエザーとしては那須川のパンチを一発も受けるつもりはなかったのだ。
しかし、一発食らった。明らかにその瞬間から本気になったメイウェザー。
メイウエザーを本気にさせた那須川天心はさすがということだ。
この試合というかエキシビジョンは、那須川天心がディフェンス、パンチを除ける天才のメイウェザーに一発でもパンチを当てれば勝ちという試合だったのだ。

Yahoo!より、
【インタビュー】メイウェザー戦を終えた那須川天心「あんなにも悔しいことはない」
1/1(火) 13:17配信 バトル・ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00010003-battlen-fight
記事より、
・31日、『Cygames presents RIZIN.14』がさいたまスーパーアリーナにて開催。メインイベントでは『スペシャルエキシビジョン』フロイド・メイウェザーvs那須川天心が行われた
・「最初はすごいナメてると言うか、笑ってたんですけど、自分がストレート一発入ったんですよね。そしたらプレッシャーかけてきて、正面のストレート打ってきて、それはガードしたんですけど、そっちに気を取られている隙にフックでこの辺(こめかみ周辺)打たれちゃって、そこでスリップ気味だったんですけど、立とうとしても中々立てなくてグワングワンして……」
・「あれは渾身のパンチだったんで、それからですよね、顔色変わりましたし、圧力が倍以上に感じたっすね。『当たった!』って思ったんですけど、そっからはちょっと……顔色を変えることは出来たのかなと。手応えは、倒れるほどじゃないですけど、『届いた!』って思いました」

ということで、那須川天心が実質的に勝ちだったことがよくわかるインタビュー。だから、悔しいのだ。
従って、
「【インタビュー】メイウェザー戦を終えた那須川天心「自分がストレート一発入ったんですよね」「それからですよね、顔色変わりました」」
とリライトするのが適切だろう。
勝ち負けのポイントが違うのだ。
パンチ.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク