韓国のレーダー照射は日本の自衛隊の哨戒機を撃ち落とすという予告

韓国による日本の哨戒機へのレーダー照射。
戦争のきっかけとなる可能性もある敵対行為がレーダー照射。
公開された映像にもある通り、自衛隊の哨戒機のパイロットが冷静に対応したから良いものの、日本以外なら戦争になっていた加納氏が高い。
そして、その意図を落ちかけ続けた哨戒機からの再三の呼びかけに対してもシカトを決め込んだのが韓国。
韓国とはすでに友好関係はない。
そもそも未だに反日教育をし続けているのが韓国。悪質すぎて言葉もない。

Yahoo!より、
「めちゃくちゃすごい音」=緊迫の機内、生々しく―海自機撮影映像
12/28(金) 20:42配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000125-jij-soci
記事より、
・防衛省が28日、異例の公開に踏み切った任務中の哨戒機による映像は、韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーを照射された直後の緊迫した機内の様子を、生々しく再現
・哨戒機が現場の全景撮影のため上昇中、乗組員が「出してます」「FC(火器管制レーダー)系出している」と報告。「避けた方が良いですね」「砲の指向等を確認」とやりとりがあった後、機長が駆逐艦から離れると伝えた。レーダーの電波を変換した音声を聞いていた乗組員は「めちゃくちゃすごい音だ」「この音覚えておいてください」と報告
・哨戒機は異なる三つの周波数を用いて計6回、「目的は何ですか」などと駆逐艦に英語で呼び掛けたが、応答はなかった

従って、
「「めちゃくちゃすごい音」=海自機撮影映像で韓国が嘘八百であることを日本は証明し韓国は国交断絶を受け入れへ」
とリライトするのが適切だろう。
もはや韓国企業の製品を日本が購入することは今後一切ない。資本の引き上げも必要だ。
軍艦.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク