今年の漢字は漢字検定の協会の登録商標

「今年の漢字」で登録商標を取っている。
どうでもいい公益財団法人の今年の漢字。
京都の清水寺でお披露目されるからといっても大して権威のあるものではない。
その今年の漢字は、2018年は災。わざわいだ。

公式ツイッターによれば、
詳細は以下の通り。

1位『災』
2位『平』
3位『終』
4位『風』
5位『変』
6位『暑』
7位『大』
8位『最』
9位『新』
10位『金』

ラインナップを見ると、あんまりパッとしない。ネタ切れの感じがする。平成の平としても良かったように思う。
JR東日本の社長が勝手に命名した、高輪ゲートウェイ駅みたいに、勝手に理事長が決めても良かったのではないか?
2位に平は入っているわけだし。

Yahoo!より、
日本の今年の漢字は「災」 相次いだ自然災害を反映
12/13(木) 15:00配信 BBC News
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-46548806-bbc-int
記事より、
・2018年は日本の「災害の年」
・6月18日に大阪で発生した震度6弱の地震では6人が犠牲となった
・7月には西日本を豪雨が襲い、各地で洪水が発生。200人以上が亡くなった
・同じく7月には酷暑が各地を襲った。16~22日の1週間だけで少なくとも65人が死亡し、2万2000人以上が病院に運ばれた
・9月に西日本に上陸した台風21号(チェービー)は25年ぶりの非常に強い台風で、最大風速(秒速)は44メートル以上に上った
・北海道では9月6日、マグニチュード(M)6.7の強い地震が発生し、家屋が土砂崩れに巻き込まれた。41人が亡くなった
従って、
「日本の今年の漢字は「災」だが平成最後の年なので理事長は「平」にしたかった、根性がなくてJR東日本のようには振る舞えず!」
とリライトするのが正解だろう。
災害です.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク