繋がらないことで有名なソフトバンクの契約者は貧乏人!

予告もなしに全国的に平日の真昼間に5時間も不通となったソフトバンク。
ソフトバンクのこの不通のために様々な損害が発生しており、ソフトバンクはそれぞれの損害賠償請求に応じなければならないだろう。
総務省は直ちに行政指導でソフトバンクから他のキャリアにMNPを促す必要がある。
円滑に移行ができるように、解約金0円は当たり前で、さらに、MNP一括0円の復活もドコモやauに認めることが必要だ。
孫正義は詐欺師だ!

Yahoo!より、
4時間半のソフトバンク通信障害でパニック…「防災強国」日本も防げず
12/7(金) 15:46配信 中央日報日本語版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000045-cnippou-kr
記事より、
・公衆電話に列ができ、コンサート場では本人確認のための「QRコード」をダウンロードできない観客が慌てた。地方テレビ番組の視聴者対象の生放送クイズコーナーは電話がつながらず放送できなかった
・日本の携帯電話契約全体の23.4%を占めるソフトバンクの通信障害は、6日午後1時39分ごろから午後5時4分まで続いた
・熊本から東京に修学旅行を来た女子高生は「渋谷で撮った写真をインスタグラムに載せることができず残念」と語った。レストランは電話での予約が減った。携帯電話による商品決済も不可能になった。「携帯電話決済サービスで購入すれば20%割引」というキャンペーンに参加しようと90キロほど離れた下関から福岡を訪れた男性は結局、徒労に終わった。福島テレビ放送局のある番組は電話で視聴者がクイズに正解すれば賞品を贈るコーナーを進めたが、ソフトバンクの携帯電話を使用する視聴者と2回もつながらず、結局、断念
・名古屋の人気ロックバンド公演会場では観客が本人確認のための「QRコード」をダウンロードできなかった。結局、主催側は紙のチケットだけを受けて入場を認めた
・消防庁はツイッターなどで「緊急時は他社の携帯電話などから通報してほしい」と呼びかけた

これらの責任は全てソフトバンクであることは間違いない。
もちろん、この記事で紹介されているトラブルはほんの氷山の一角だろう。
さらに、重大な取引の機会を失ったケースや連絡が取れずに、荷物が届かずに会社が潰れたという話も出てきているだろう。
全ての損害賠償を支払い、ソフトバンクは事業から撤退するのが自然な流れだろう。
信用のできな携帯電話お売る行為自体が違法だ。
従って、
「平日の昼間に突然4時間半のソフトバンク回線の不通で防災の妨げになることが判明し、他社への移行が直ちに必要となった」
とリライトするのが適切だろう。
災害大国の日本でソフトバンクの回線に契約することは死を意味する。
契約してはいけない携帯がソフトバンク、ワイモバイル系なのだ。
使えない携帯ソフトバンク.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク