真相はハンターにシカ分からない

シカと間違えて人間を殺したハンターは、6年間で40頭あまりで経験は豊富だ。
ベテランだが、もし、ただ人をハンティングしてみたいという気持ちになっていたとすれば、本当に誤射だったのかと疑ってみたくもなる。
幸いにハンターには業務上過失致死という抜け道がある。
人を殺しても、殺人と業務上過失致死では大違いだ。
あくまでも事故であり、殺人の故意が認められないとなれば、3年やそこらで出てくることが可能になる。
今回、ありえないと言われている「誤射」も真相は本人にシカ分からないだろう。
殺人罪として捜査が行われるのかどうかが、まず、重要なポイントだ。

Yahoo!より、
タオルをシカの尻と? 恵庭市ハンター誤射死亡事故 十分な確認をしない重大な過失… 北海道
11/21(水) 19:22配信 北海道ニュースUHB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000007-hokkaibunv-hok
記事より、
・20日、北海道恵庭市の山林で、パトロールをしていた森林事務所の男性が、ハンターに誤って撃たれて死亡しました。逮捕された49歳の男は、「シカと見間違えた」と
・仕事熱心で責任感の塊だったという森林官・菅田健太郎さん(38)。妻子を残し、20日、ハンターに誤って撃たれ、亡くなりました
・業務上過失致死の疑いで逮捕されたのは札幌市中央区の自営業・佐孝英司容疑者(49)
・佐孝容疑者は、ハンター歴6年。これまでに40頭ほどのシカを捕獲してきた
・林道の巡回をしていた菅田さんは、職場で誤射防止のために義務付けられたオレンジ色のヘルメットとベストを着用していました。そして、汗拭き用の白いタオルをヘルメットの下につけていました
・佐孝容疑者は「シカ笛を吹いたら白いものが動いた。シカの尻だと思いスコープで十分確認せず撃った」と供述
・通常なら間違えにくいシカの尻と人間が着用しているタオル。北海道猟友会では考えられない事故

したがって、
「人間の頭とタオルをシカの尻と誤射したというハンターだが、真相はハンターにシカ分からない」
とリライトするのが適切だろう。シカだけに。
鹿.jpg

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク

タグクラウド