日本の生産性を下げるためのパワハラ法案は反日による工作だろう

ナンセンスなパワハラ対策法。
これでは日本で生産性の向上などあり得ない。
パワハラをなくすためには、全ての社員がフラットな組織として、実力だけで評価をする仕組みにすることしかない。
実力のなかには対外的な交渉力というのも含むのだ。

Yahoo!より、
企業にパワハラ対策を法的義務付けへ 厚労省
11/20(火) 5:57 テレビ朝日系(ANN)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20181120-00000004-ann-soci
記事より、
・厚労省はパワハラの定義を「身体的・精神的な苦痛を与える行為」などとしたうえで、企業に対して相談体制を整えることや相談者のプライバシーを保護することなどを求める
・一方で、「パワハラと業務上の指導の線引きが難しい」という指摘もあり、どういう行為がパワハラにあたるのか具体例を指針で示すとしています。
・厚労省は来年の通常国会で関連法案の提出を目指しています

これは、パワハラを定義するという指針が全てであり、労災になった事例が基準になるだろうが、よほど厳しく定めなければ皆がパワハラ被害者面することになる。
仕事は停滞して生産性は過去最低になる可能性が高い。
従って、
「反日の工作員により、企業にパワハラ対策を法的義務付けへ厚労省に潜む反日野郎を追い出す必要」
とリライトするのが適切だろう。
どう考えても反日の仕業だ。

この記事へのコメント

Yahooニュースをチェックする

スポンサーリンク